« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006年11月17日 (金)

PRX-Loader Installer

Photo_17

 またもやHideさんからの情報で新たなアプリをインストールしてみました。こいつは拡張モジュール(.prxファイル)を読み込んで動作させてくれるアプリです。Fw1.50のカスタムファームウェア(以下CFw(POC))はconfig.txtに記述されたモジュールを動作させる機能がありましたが、2.71 SEにはありません。PSP Filerでモジュールをインストールすれば動作も可能ですが動作させっぱなしです。動作を止めるにはリカバリーモードのAdvancedで設定の初期化をするか、PSP Filerでファイルを書き換えるかしなきゃいけません。
 このPRX LoaderはDH Modでインストールされた拡張モジュールを動作させる事ができます。

SCE公式アプリでは無いのでどんな不具合が起こるかわかりません。
全て自己責任で実行して下さい。どんな不具合が起きても、PSP故障してもこちらは一切保証しません。

 PSP内蔵のフラッシュを書き換えるので危険性が高いです。クラッシュする可能性は充分にあります。

すべてのモジュールの動作を保障するものではありません!!

<バックアップ>
まずはメモリースティック(以下MS)PCバックアップします。データ破損の可能性が充分にあります。マメにバックアップを心がけましょう。
 

<準備物>


PRX Loader for 2.71 SE
config.txt
拡張モジュール(prxファイル)

<PRX Loader installerインストール>
1.ダウンロードしたファイルを解凍して出来たフォルダ内の
MS_ROOT
を開きます。

2.PSPへコピー
GAME150
loader.prx

の二つをPSPMSのルートへコピー。


<config.txt作成>
 このファイルはテキストファイルを自分で作ってもいいし、Dark_Alex氏のCustom Firmware Proof Of Concept For PSP 1.5に入ってるconfig.txtを使ってもいいです。
*自分でテキストファイルを作成する場合
・スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→メモ帳を開く
・デスクトップで右クリック→新規作成→テキスト ドキュメント
以下の矢印で挟まれた英文をテキストにコピーアンドペースト(以下コピペ)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
#loadmodule0 = "ms0:/dh/kd/capture.prx"
#loadmodule1 = "ms0:/dh/kd/"
#oadmodule2 = "ms0:/dh/kd/usbhostfs.prx"
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これは管理人の例です。このまま使っても全ての機能は無効です。
有効にするには行の先頭の#を削除します。

一行目はms0:/dh/kdフォルダにあるcapture.prxを読み込みますって事。
管理人はDH Modをインストールしてるのでms0:/dh/kdフォルダにcapture.prxが入ってます。prxファイルの保存先はどこでも良いです。キチンと保存先を指定すればいいだけですから。
MSのルートに保存した場合…
loadmodule0 = "ms0:/capture.prx
となります。

細かい記述方法はこの記事の<インストール>手順2.からを参考にして下さい。
名前をconfigにして保存します。

*CFW(POC)同梱のconfig.txtを使う
CFW(POC)をダウンロードして解凍し、その中のconfig.txtを編集

編集が終わったら
ms0:/PSP/SYSTEMフォルダ内に保存。


<拡張モジュールインストール>
希望のモジュールをPSPの好きな場所へ保存します。その保存先をconfig.txtで指定します。
DH Mod
ms_root/dhフォルダをPSPにコピーすれば
capture.prx
cheatLCS.prx
CheatMaster.prx
cheatVCS.prx
cwcheat.prx
screenshotbmp.prx
usbhostfs.prx
vshex.prx

が入ってます。その他、色々ありますが、どれがどんな機能をするかは不明です。


<PRX Loaderインストール>
1.XMBゲームメモリースティックから
PRX Installerを起動
Photo_20








Photo_21
警告!!このアプリケーションはPSP内蔵フラッシュのFlash0を書き換えます!!
PSPがぶっ壊れるかもよ!!
自己責任で使う事!!

Spessiさん感謝!!そして我々にコードを提供してくれてるDark_Alexさんにも!!

○ボタンでPRX loaderインストール
□ボタンでPRX loaderを削除する、もしくはバッテリーを取り外す事でキャンセル
------------------------------------------------------------

2.インストール
起動画面が表示されたら○ボタンでインストール開始。数秒で終わります。
数行メッセージが表示されて
pop out your battery
のメッセージが出たら電源を切って終了させます。

3.モジュールを有効にする
XMBネットワークアップデートを選択すれば一瞬MSアクセスLEDが点滅してモジュールが有効になります。
Photo_19

画面上は変化はありません。







電源を切ればモジュールは無効になります。


ランキングに参加してます。
参考になったらクリックお願いします!

| | コメント (4)

ファームウェア新規インストール

2006.11.17  01:12  iR Shellv22 SE 12に合わせて修正

 今晩二件目のアップです。
 今回はiR Shell v2.2 SE 12の記事をアップしたのに合わせてFwのインストールを紹介するこの記事も修正しました。かなり記事の内容が古臭くなってたんで。
 一晩で二件もアップすると大変だわ(;´Д`A ```

 DEVHOOK 0.46.0000
FW2.71に対応した事でファームウェア(以下FW)のインストール作業が必要となりました。
FW1.50PSPをもう一台所有してるので、そいつにもDEVHOOKをインストールする事にしました。と、言う事で、改めてFWをインストールしてみたいと思います。

 今回はFWのインストールのみの紹介です。devhookのインストール方法の詳細は
DEVHOOK 0.43起動!またはDH Modの記事を参考にして下さい。


 FW1.50/2.00/2.50/2.60/271までインストールします。本来FW1.50はインストールの必要が無いのですが、devhook043の新しい機能としてUMD起動やゲーム終了等でリブートする時、ボタン操作でdechookを外して普通のFW1.50を起動出来る様になり、その機能を有効にする為にFW1.50をインストールして出来るreboot.binが必要になる為です。また、Fw1.50PSPにおいてiR Shell v2.2 SE12Launch XMBの機能でXMBを表示させるのにFwをインストールしたdh/150フォルダが必要になります。

FW2.60/2.71に関しては別途reboot.binというファイルを作成しなくてはいけません。その方法に関してはDEVHOOK 0.44 reboot.bin!!の記事と続けてDEVHOOK 0.44 起動!!の記事を参考にして下さい。

続きを読む "ファームウェア新規インストール"

| | コメント (25)

iR Shell v2.2 SE 12!!をインストール

V22se12__1
2006.11.17  01:46  チョイと翻訳すすめる

 Hideさんからのコメントで知りましたが、v22se12がリリースです。早速検証します。
 今回の更新でLaunch XMBの機能が実装されました。Launch XMBを選択すればXMBへいけます。が、この機能を有効にする手段としてMSにインストールされたFwを起動させてXMBを表示させる方法をとってます。なので、Fw2.71 SE-B3iR ShellからLaunch XMBを使うと本体情報には2.71と表示されます。よって、MSFwがインストールされて無いとこの機能は使えないのでFwをインストールする手間が増えました

 更新履歴を翻訳途中ですが一旦アップします。前もiR Shellを記事にした時も機能の説明を翻訳中にアップしましたが、この手の翻訳って専門用語が多すぎて翻訳サイトでは翻訳出来ないんですよね。ほとんど意味不明になります。今までの経験から意訳して記事にしてますが、正確に合ってる保障は無いです。翻訳に時間が掛かりそうなんで取り敢えず記事をアップしようと。引き続き翻訳は続けるので完了次第更新します。

<更新履歴>
新しく実装された機能
・iR Shellの起動画面にpmf動画を使用。iR Configuratorを使ってstartup splashの項目でPMF Movieに設定(初期設定されてます)bmpファイルを同梱してるのでno splashに設定してればそれを使用します。
PMF playerは、解像度が480×272より低い状態の動画クリップのサポート機能向上。以前はこれらの動画を再生する事ができませんでした。「PMF Movie Scaling」という新しいオプションは、低解像度の動画をフルスクリーンに合う様に調整するためにiR Configuratorに追加(初期設定はscaling enable)。scaling optionはPMF Pluginの為だけに動作します。pmf動画の起動画面表示機能はScaling optionをサポートしてません。
・PSPの電源を完全に落とすオプションを追加(アナログパッド↓か、Exit iR Shellを選択)
Launch XMB機能をアップデート。Launch XMB使用時にUMDドライブにセットされたゲームディスクにアクセスできます。ディスクの種類を検出してUMD Videoなら自動的にUMDビデオを再生します。もしゲームのUMDディスクなら自動起動をキャンセルしてXMBを表示します。
・pluginsの最大数を10から20に変更.
・mp3のプレイリストのサイズの最大値を10から30に変更
・ファイル操作の為の強調されたファイルの最大値を10から30へ変更
・USBかWiFi(usbhostfsかnethostfs)を通してPC KeyboardかPC JoystickにPSPキーパッドの変更を可能に。SocomやSyphon FilterにPCのジョイスティックを使用の可能を意味するDevhookのFw2.71起動をサポート。
iR Configuratorの"Redirect Keypad to Host"の設定でDisable、via usbhost0,via nethost0,via usbhost0 or nethost0を選択できます。
・液晶画面における4番目の明るさ設定(最大)の使用が可能に。通常、ACアダプターに接続された時、4番目の明るさを設定することができるだけです。このバージョンで、Lボタン + ディスプレイボタン」を押すことによって、4番目の明るさをいつでも有効にします。また、iRシェルがアクティブである時に、この設定はDevhookによるFw起動時にも及びます。ディスプレイボタンを押す事で通常の明るさに戻ります。
・Fw2.71/2.71SE/仮想Fw2.71のPSPにおいてiR ShellよりFw2.71のXMBを起動できます。
host redirection機能により、2.71のXMBのビデオからPCのHDDに保存されたMP4ファイルとAVCファイルを全て見ることが出来ます。フォトとミュージックは動作しません。MP_ROOTフォルダ構造がPCのHDDに確実に構築して下さい。
・スキンをインストールする時にiR ShellはSkinフォルダから"splash.pmf", "logo.bmp" と HELP imageファイルをインストールします。Skinフォルダにこれらのファイルが無いと初期設定のが使用されます。logo.bmpが現在保護がないので、あなたはiR Shell起動画面として解像度480×272のどんなbmpファイルも使用することができます。
・このバージョンはFw2.71においてそれらのファイル形式を開くことが出来るのを意味する、2.71iR Shellのための以下のplguinsを含んでいます。
* Pmf Player (PMF)
* Bookr 0.71  (TXT & PDF)
* PMPMOD AVC 1.02  (AVC)
* Atrac3 Player  (AT3)
* ZIP & RAR Unarchiver (ZIP & RAR)
・Fwのバージョンを表示するアイコン(by StoneCut)を追加.
* 1.5 - Fw1.50において起動中(both virgin 1.5 or 1.5 mode of SEB)
* 2.71 - Fw2.71において起動中 (both virgin 2.71 or 2.71 mode of SEB)
* MS - DevhookがMS内のFwを起動中
* NAND - DevhookがNANDのFwを起動中
- You can associate an icon image to each sub-folder under APP view.  Name your icon image as "icon.png" and place it inside your sub-folder.  Example, /PSP/GAME/$Emulators$/icon.png.
- iR Configurator can install HELP image files from Skin.  If no skins exist, a default set from /IRSHELL/SYSTEM will be installed.  You can skip Help file installation via iR Configurator option "Skip Help Files Installation".

Bug Fixes:
- Fix the bug in unable to press Triangle under APP view if "Hide RDF Sub-directory" is on.
- Fix the bug in unable to goto RDF View from icon menu if "Hide RDF View" is on.
- Fix a serious bug which will crash your PSP if initial view is set to APP View.



Fw2.71 SE-B"(SE-B3)にて起動を確認しました。しかしFw1.50での起動に失敗します。原因は不明です。

*iR Shellが起動するのはFW1.50のPSPとFW2.71Fw2.71 SEのみです。FW2.00~Fw2.60であれば起動しません。
 PSP
「PSPのシステムソフトウェアのバージョンの確認方法は?」
のページを参考にして下さい。

SCE公式のアプリでは無い
のでどんな不具合が起こるかわかりません。
全て自己責任で実行して下さい。どんな不具合が起きても、PSPが故障してもこちらは一切保証しません。


<バックアップ>
まずはメモリースティック(以下MS)をPCにバックアップします。データ破損の可能性が充分にあります。マメにバックアップを心がけましょう。

<準備物>
・本体
iR Shell v2.2 SE 12

現在クローズドになっててダウンロードできませんアカウント登録すればダウンロードできるかも知れませんが実際に試して無いので不明です。管理人はアカウント登録の予定は無いのでアカウント登録に関する質問には答えれられません。
・過去のバージョン

iR Shell v2.1
・WiFi接続用アプリ(Widows用)
nethostfs_PC_Win
nethostfs_PC_Win_1.5.zip
・USB接続用アプリ(Windows用)…すでにDevhook USB版等でusbhostfs.exeをインストール済みの場合は必要無いです。
USBLink r4 Installer For PSP
+ USBLink r6 For PSP(実行ファイルのみ)
または…
USB Host File System Server 1.2


<iR Shellインストール>

1.ダウンロードしたpspirshell22se12.zipを適当な場所に解凍します。

2.解凍して出来たフォルダの中の
IRSHELL
をPSPのMSのルートに上書きコピーします。

*Fw2.71 SE(2.71 karnel)の場合
3.起動ファイルのインストール
PSP/GAME/irshell271フォルダを
ms0:/PSP/GAMEフォルダ内にコピー。

*Fw2.71 SE(1.50 karnel)の場合
3.起動ファイルのインストール
PSP/GAME/irshell271フォルダを
ms0:/PSP/GAME271フォルダ内にコピー。

*Fw1.50の場合
3.起動ファイルのインストール
PSP/GAMEフォルダ内の

irshell150
irshell150%

この二つのフォルダを
ms0:/PSP/GAMEフォルダ内にコピー。



<DumpしたFwのインストール>

 iR ShellでLaunch XMBの機能を有効にするためにはFwをインストールする必要があります。Devhook(以下DH)のインストールで行うFwインストールと一緒なのでDHでFwインストールを行っていればこの手順は必要ありません。

*PC内にDumpされたFwが保存されてる場合
(PSPにてFwのインストールを行って作成されたFw)

・Fw1.50のPSPの場合
dh/150フォルダを
ms0:dhフォルダ内にコピー。

・Fw2.71/2.71SEの場合
dh/271フォルダを
ms0:/dhフォルダ内にコピー。

*新たにFwのインストールを行う場合

ファームウェア新規インストールの記事を参考にどうぞ。
・Fw1.50のPSPならFw1.50だけ、Fw2.71/2.71SEのPSPならFw2.71だけをインストールすればいいです。



<USB接続アプリ インストール>
・USBLinkの場合
USBLink r6 for PSPの記事を参考にして下さい。

*個人的な不具合かもしれませんがUSBLinkではUSBHost0:機能が使えません。

・USB HOST FILE SYSTEM SERVERの場合
1.DLしたファイル(ファイル名:usbhostfs_PC_Win.zip)を適当な場所に解凍し、
PCの適当な場所(Program Filesとか)に保存。
DH Modを利用する予定ならこのフォルダの中にISOフォルダと
CAPTUREフォルダを作成しておく。

2.ISOフォルダにisoファイルを保存しときます。

3.フォルダの中の
   cygusb0.dll
   cygwin1.dll

この二つのファイルを
   C:\Windows\System32\ (XPの場合)
   C:\Winnt\System32\ (NT/2000
の場合)
   C:\Windows\
System\  (95/98/Meの場合)
にコピー。
Photo_2
マイコンピューターローカルディスク(C:)をクリック





Windows
WINDOWS
をクリック




System32
system32をクリック





Cygusb0dll
ここにコピー。上書きしてもいいかと出たら、どっちでもいい。
心配なら元々あったファイルを別の場所にバックアップしておく。



4.PSPをUSBケーブルでPCと接続し、PSPのXMBの「ゲーム」→「メモリースティック」からiR Shellを起動。

Ir_shell_v20_2



Fw1.50の場合







V22se12__2


Fw2.71/2.71SEの場合





5新しいハードウェアの検索ウィザードが立ち上がるので

01
「いいえ、今回は接続しません。」で「次へ」をクリック。




02
「一覧、または特定の場所からインストールする」で「次へ」をクリック。



「次の場所で最適のドライバを検索する」にチェックをいれ、「参照」から手順1,で保存した
usbhostfs_PC_Winの中の
driverフォルダを指定し、「次へ」をクリック。
これでドライバがインストールされます。

6.
一旦PSPを再起動します。


7.手順1,で保存した
usbhostfs_PC_Winの中の
usbhostfs.exe
をクリックして起動。

8.
PSPのXMBの「ゲーム」→「メモリースティック」からiR Shellを起動。
V22se12_topmenu










<iR Shellの使い方>
使い方に関しては
こちらの記事を参考にして下さい。

ランキングに参加してます。

この記事が参考になったらクリックお願いします!!

| | コメント (20)

2006年11月16日 (木)

2.71 SEでキャプチャ!!

Xmb_game_ms_nout2p_1


自作アプリが起動出来る安定版がリリースされてます。
その記事は…
こちら

続きを読む "2.71 SEでキャプチャ!!"

| | コメント (0)

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »