« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月28日 (金)

DevhookをXMBから操る!!

Tetra_
2006.08.03  21:47  一発再起動の機能説明追加
2006.08.01  23:19  pspbtcnf.txtの追記文の間違い訂正
2006.08.01  21:55  不具合検証途中経過追記
2006.08.01  00:42  Devhook 0.46対応版に合わせて記事修正。

この記事は古く、このアプリも古いので
DEVHOOKか、
DEVHOOK launcher/VSHEX Modが多機能です。
最新情報はトップページで確認して下さい。



このツール、最近話題の一発再起動機能を持ってました。HOME + STARTボタンでPSPをFW1.50で再起動してくれます。readme.txtにも
2) You can reboot the PSP while in the 2.71 XMB by pressing the HOME and START buttons simultaneously.
If you wish to return to 1.50 and have auto run enabled don稚 forget to press TRIANGLE as explained above.
と記述されてました。目を通してはいたものの、サラッと読んだだけで、FW2.71で再起動すると勘違いして、取るに足らない機能だと記事にすらしてなかったんですが、無意識にHOME + STARTボタンで再起動してる自分がいました。さっきreadme.txtを読み直したらFW2.71のXMBでHOME + STARTボタンを押す事でFW1.50に戻れますって内容だったみたい。過去にDEVHOOK 一発再起動!!の記事で同じ機能のツールを紹介してますが、ボタン違いですね。


DevHook v0.45 Tetra Pack r2 For PSP
<機能>
XMBのゲーム→メモリースティックのゲームアイコンからDevhookのトップメニューを表示せず、いきなりDevhookでFW2.71をリブートした状態でUMDゲームやXMBを起動するものです。
通常はDevhookを起動し、オートラン、またはオートランをキャンセルしてトップメニューを表示して、設定変更ののち、ゲームをスタートしますが、こいつはゲームアイコンが4種類に分かれていて各アイコンごとに設定が決まってます。


Tetra_devhook_2





左 v0.45用                 右 v0.46用

Tetra_devhook
1.このアイコンは通常通りDevhookを起動します。

Tetra_memory_stick
2.このアイコンはMSのファイルを起動させるみたいです。


Tetra_usbhdd
3.これはUSB接続されたPCのHDDに保存されたisoファイルの起動用みたいです。

Tetra_umd
4.これはPSP本体にセットされたUMDを起動させるみたいです。


<検証>
1.
2.は解るとして、2.3.は複数のisoファイルが保存されてたらどうなるのやら。
記事を作成しながら検証です。
では、2.3.を実行。SCEのロゴのあとフリーズ。
このファイルにはISOフォルダがあり、その中に
! XMB BOOT (DO NOT DELETE) !.cso
というファイルが入ってます。こいつをMSのルートのISOに入れておけば2.のMS起動アイコンを選択するとFW2.71をリブートした状態XMBが立ち上がります。ゲームせずにFWだけリブートさせてXMBにいきたい場合は便利です。そこで…
! XMB BOOT (DO NOT DELETE) !.cso
以外にisoファイルをMSに保存してたら?
FW2.71でXMBが表示されましたよ。HOME+L or Rボタンで変更できます。MS起動で遊ぶときは2.MS起動アイコンで一旦FW2.71のXMBを表示させ、XMB上でゲームを切り替えると言う事ですね。
じゃぁ3.は?USB OPTIONをDisable(無効)にしてても有効にして起動…じゃ無いですね。
SCEのロゴのあとでフリーズ。じゃぁ2.と一緒かな?
! XMB BOOT (DO NOT DELETE) !.cso
をPCのISOフォルダに入れておけばFW2.71状態でXMBが表示されると見た!
一旦1.のDevhook起動アイコンでDevhookを起動させ、TOP MENUOTHERからUSB OPTIONを選択し、Enable(有効)にする。EXITXMBに戻って、PCusbhostfs.exeを起動。PSPのXMBでゲーム→メモリースティックから3.USB起動アイコンを選択。
???。SCEロゴのあとでフリーズ。
一旦1.Devhook起動アイコンDevhookを起動し、UMD SELECT
! XMB BOOT (DO NOT DELETE) !.cso
を選択し、EXIT3.USB起動アイコン選択するもまたフリーズ。
USBが有効になってないのかと、UMD SELECTで他の普通のisoファイルを選択し起動させたら無事起動。3.の使い方がイマイチ不明です。取り敢えず、USB接続で遊ぶ場合は1.のDevhook起動アイコンで一旦Devhookを起動し、UMD SELECTでisoファイルを選んで遊びましょう!って事です。今後の検証課題です。

<ファイル構成>
ルートフォルダは
MS_ROOT
PC

の二つです。
MS_ROOTの中身は
DH
ISO
PSP

の三つ。最近では珍しくISOフォルダがあります。このISOフォルダの中身が
Devhook_tetra_r2_ms_root_iso

! XMB BOOT (DO NOT DELETE) !.cso
こいつです。






DHフォルダ内は
Devhook_tetra_r2_ms_root_dh
設定ファイル(INI)がたくさん入ってます。
これがアイコンの使い分けなのかな。






更にDH/kd/modfiles/と開いていくと…
Devhook_tetra_r2_ms_root_dh_kd_modfiles
vshexHS.prxなる、新しいファイルが。







MS_ROOTの中のPSPフォルダの更にGAMEフォルダを開くと
Tetra_r2_ms_root_psp_game
起動ファイルのフォルダが2x4種類。







MS_ROOTのPCフォルダは、中にPC_USBフォルダがあり、その中に
Devhook_tetra_r2_pc_pc_usb
PC側にインストールするアプリが入ってます。







続きを読む "DevhookをXMBから操る!!"

| | コメント (5)

2006年7月27日 (木)

TA-082のPSPでFW250/260のユーザのみなさん!!

今日SCEがファームウェア(以下FW)2.80を正式にバージョンアップしました。
FW1.50ユーザにとってはDevhookがFW2.80に対応するのが待ち遠しいこの頃です。
と、同時?に気になるニュースを発見しました。
FW2.50/2.60のダウングレーダーがリリースされて日が経ちますが、このダウングレーダーは非常に条件が厳しいものです。PSPの基盤がTA-082でない事、と言う条件があります。今回みつけたニュースは恐らくTA-082基盤でダウングレーダーを実行出来る日が近い、と言うニュースです。
ただし、問題があります。それは…
管理人に語学力が無いって事です。
すいません。
翻訳サイトにて翻訳してはみましたが、完全ではありません。専門用語も訳そうとして、変な日本語になっちゃってます。あくまで憶測です。記事の情報もどこまで信用できるか不明です。
以下に記事を転載します。

続きを読む "TA-082のPSPでFW250/260のユーザのみなさん!!"

| | コメント (5)

2006年7月26日 (水)

Devhook 0.45 nieuw menuカスタム!!

Devhook045_neiuwe_menu_5











この記事は古く、このアプリも古いので
DEVHOOKか、
DEVHOOK launcher/VSHEX Modが多機能です。
最新情報はトップページで確認して下さい。



Devhook 0.45 Full Updated + Nieuw Menu
です!!
Devhookのトップメニューがかなりグラフィカルに変更されてます。
Devhook045_neiuwe_menu_selectumd
UMD SELECT画面です。
USB接続OKです。


難点あげれば、現在の設定一覧が表示されて無いって事です。各項目にアクセスしないと今どんな設定か解りません。設定をほとんど変更しない人は気にならないとは思います。あとXMB(クロスメディアバー・要はPSPのメニュー)でのアイコン表示で他のUSB版と一緒だって事。
Devhook045usb_1
Devhook 0.45 USBと一緒。

使い分ける事は無いけど、折角なんでアイコンの背景を変更しちゃいました。
だから"カスタム"なんですよ。
Devhook045_nieuw_menu
適当な画像が無かったんでNieuwの画像をPSP-Media.nlNieuwの記事の画像から頂きました。

変更に使ったツールはPSP BewPSP Brewとエミュの記事で使ったツールです。
こうも早く使い道が見つかるとは…。
では、インストールしてみますか。

続きを読む "Devhook 0.45 nieuw menuカスタム!!"

| | コメント (2)

PSP-Media.nl !!

Pspmedianl_top_1
2006.09.05  04:16  英文追加

boobeeさんからコメント頂きまして、PSP関連のサイトを訪問してみました。ら?
何語?
英語では無さそう…サイト名の尻に.nlとあるから、きっと.jpみたく国別記号かとググッたら出てきましたよ。
nl…オランダ(Nederlands)
公用語はもちろんオランダ語。
このサイトの言語は恐らく…オランダ語
トップページの女性がなんとも艶めかしいですね。
ダウンロードには登録が必要(ただし無料)との事で登録してみました。
登録はサイトで仮登録して、登録したメアドへのメールを受信して、そこのリンクからアクセスして本登録ってやつ。デタラメなメアドはダメみたい。登録慣れした人なら直感的に解ると思いますよ。管理人も登録慣れ?してたんで、なんとなくわかりました。

続きを読む "PSP-Media.nl !!"

| | コメント (11)

PSP Brewとエミュ

Psp_brew_preview_devhook_umd_only

2006.08.29  01:50  v0.90に合わせて記事修正


今夜のお題は、DEVHOOK 0.45 with FW2.xxで自作アプリ。
DEVHOOKがv0.45からファームウェア(以下FW)2.00以上をリブート最中にXMB(クロスメディアバー・要はメニュー)からFW2.00以上に対応したアプリが起動出来るという機能を実装。しかし、世の中の大半のツールがFW1.00かFW1.50対応のツール。折角の機能が宝の持ち腐れ。待ってればその内FW2.00以上に対応してリリースされるだろうと思ってはいますが。世の中待てない人もいるんですね。作者様も大変だろうし。自分でFW2.00以上に対応させちゃえって事です。
 結果から言うと無理でした。語学力もなく、プログラミング力も皆無の為、実験は失敗しました。何をしたかと言うと、FW1.00/1.50用のEBOOT.PBPFW2.00に対応する様に変換する、これだけ。試しに使ってみたのがPSP Brew v0.90。FW1.00<->FW1.50のアプリはあるんですけど、FW2.00へ変換は自力で発見出来ませんでした。
PSP BrewFW2.00用に変換出来るかは不明です。別の目的でインストールして起動させてみたら、[SAVE PBP 2.0+]というボタンがあったので、もしや、FW2.00用に変換してSAVEするって事か?と考えて実行してみたんですが、やっぱ無理でした。

ついでにPSP Brewの紹介しときます。

PSP Brew v0.90
インストーラーなんで「Next」連発でインストールです。
Psp_brew_v080_installer01
1.他のプログラムは閉じてって事。



Psp_brew_v080_installer02
2.保存先の選択。
そのままでOK


Psp_brew_v080_installer03
3.Create a desktop icon
デスクトップアイコン作成
Create a Quick launch icon
クイック起動アイコン作成
必要あらば、チェックをどうぞ。
Psp_brew_v080_installer05
4.Installボタンをクリック。



Psp_brew_v080_installer06
5.いますぐ再起動なら「Yes
あとで再起動なら「No」をクリックして
Finishボタンクリック。


スタートメニューに登録されてます。
PSP Brewを起動すると…
Psp_brew_v080_
こんな画面。
Helpが無くて困ったちゃんです。
aboutから関連サイトへとんだらイタリア語。


使い方はほとんど不明です。
直感的に理解できた使い方は…

EBOOT.PBPファイルはドラッグアンドドロップでOK
EBOOT.PBPを開いた状態で
Preview PBPボタンを押すと…
Psp_brew_v080_preview_pbp
こんなイカス画面が。

この画面はPOWER LEDをクリックすると消えます。

今のところこのツールを使ってどうこうするつもりは無いので使い方を調べる予定はありません。また使い道が出来たら探ってみます。その際はこの記事に追加します。


DEVHOOKの製作者、BOOSTER氏が07/25にこんなカキコされてます。
「次verではFlashエミュのバグフィクスの他、内蔵Flashを併用す
る機能が追加されます。"flash1:"の書き込み処理をメモステか
ら同じ"Flash1:"に変更することで互換性と速度が向上し、メモ
ステファイルの破壊回避にも期待
できます。

 数日内にリリースできる予定です。 」

だそうです。更に安定化するみたいですね。

| | コメント (2)

2006年7月25日 (火)

カスタムファームウェア機能拡張

2006.07.25 19:50  手順3.以降が何故かちょん切れてたのを修正


以前カスタムファームウェア(以下CFW)を紹介しましたが、今回はそのCFWの機能を拡張する追加モジュールです。
PSP・NDSで思った事~その他諸々+(ひn)のNOと言えないジャパニーズさんからの紹介でインストールしてみました。

主な機能は…
- Press HOME + SELECT in the XMB to change the CPU and GPU speeds, steps are 133/66, 222/111, 266/133, and 333/166
- Press HOME + CIRCLE in the XMB to change the CPU speed to 30MHz and the GPU to 50MHz.
  This makes the XMB become a little laggy but is fine for playing AT3 music or AVC video as this is hardware decoded :)
- Press HOME + L TRIGGER to execute ms0:/PSP/SYSTEM/DEVBOOT.PBP - this is yet ANOTHER way of booting DevHook instantly into 2.71 firmware,
  but now you can do it after startup :)
- Press HOME + R TRIGGER to get battery percentage, voltage and temperature information.

HOME+SELECTボタンでCPU、GPUのクロック変更(133/66, 222/111, 266/133, 333/166)
HOME+ボタンでCPU、GPUのクロックを30/50に変更
HOME+LボタンでPSPをDEVHOOKFW2.71リブートした状態で再起動します。(UMDディスクがPSPにセットしてあればゲームが起動します。)
HOME+Rボタンでバッテリー残量、電圧、温度を表示します。

この追加モジュールはDark Alex氏作成のCustom Firmware Proof Of Concept For PSP 1.5 [以下CFW(POC)]専用です。CFWには様々な亜種が存在しますが、CFW(POC)以外で使える保証はありません。必ずCFW(POC)を事前にインストールして下さい。
CFW(POC)のインストール方法はcustam_firmware(カスタムファームウェアby_Dark_Alex)!!の記事を参考にして下さい。
readme.txtにはharleyg氏作成のCFWの0.1で動作確認を行っている(翻訳違ってたらゴメンナサイ)との記述があります。
This mod has been tested by me countless times, and works fine with Dark_Alex's custom firmware and
harleyg's 0.1 custom firmware
なので、恐らく
harleyg氏作成のCFWでも動作するかと思われます。管理人はharleyg氏作成のCFWはまだインストールしてないので今回は見送りです。また検証したなら記事に追加しときます。

続きを読む "カスタムファームウェア機能拡張"

| | コメント (4)

PSP USB Link Installer

2006.09.18  22:14  記事全般修正

さて、USBLinkですが、ありがたい事にインストーラーがリリースされていたので早速インストールしてみました。が、結局DEVHOOKからは認識されず、PC内のisoファイルの起動に至りませんでした。PSPは以前にDEVHOOK USB版をインストールした際にインストールしたドライバで認識されてますが、ドライバを再インストールしてみましたが、状況は変わらず。2バイト文字が認識しないのかと考え、isoファイルの名前から2バイト文字を消し、英数字のみにしてもダメ。isoフォルダPSP USB Linkフォルダの中じゃないとダメなのか、とPSP USB Linkフォルダの中にisoフォルダを作ってみるも変わらず。何故PCisoフォルダにアクセス出来ないか不明です。使い方間違ってるのか?インストール先のフォルダにusbhostfs_pc.exeがあるからそれを起動させると、usbhostfs_pc.exeと同じフォルダにあるisoフォルダにはアクセス出来た。USB Linkで指定したisoフォルダにはアクセス出来ない。意味不明。が、折角なんでインストール方法を紹介します。

*動作不可だったので、どなたかの検証用に紹介するものです。

PSP USB Linkとは
Devhook USB版に同梱されてる、PCにインストールするUSB接続用ツール機能向上版です。
DevhookPC内のisoファイルを起動するにはPCにも専用ツールをインストールする必要があります。
 
PSPDevhook USB版インストールし、PCusbhostfs.exeというDevhook USB版からのUSB接続を受け入れるツールインストールします。usbhostfs.exeを起動させた状態でDevhook USB版を起動させればDevhook USB版からPCISOフォルダにアクセスでき、その中のisoファイルを起動出来るようになります。
 今まではusbhostfs.exeと同一のフォルダ内にあるISOフォルダにしかアクセス出来ませんでしたが、PSP USB LinkPC内のどこにでも保存されたISOフォルダにアクセス出来る様にするツールです。更にusbhostfs.exeの画面を非表示にしてくれて、PCの画面の邪魔になりません。

続きを読む "PSP USB Link Installer"

| | コメント (0)

過去の記事を修正

さて、自宅に帰宅してblogを確認したら幾つかコメントあったんで、返事させてもらいました。コメント読んでて気付いたのが、自作アプリが起動するFWを知らない人が結構いる、という事。なるべく初めて当blogを訪問した人でも理解出来る様に記事を作ってたつもりでしたが、DEVHOOKがFW1.50じゃないと起動しない事を触れてなくて、FW2.71で起動出来ると思ってた人もいたみたいです。過去の記事を幾つか修正して、DEVHOOKはFW1.50でしか起動しない旨を追記。

GTAの見分け方について、新しい情報がコメントに寄せられてたのと、トラックバックがあったので、記事の修正と、US版UK版の見分け方も追加しました。

Custam Firmware(カスタムファームウェア by Dark Alex)!!について、カスタムファームウェア用のアンインストーラーを二種類実行してみたので、アンインストーラーのインストール方法と使い方を追記。

DEVHOOKのUSB版にPC側にインストールしDEVHOOK USB版と同時使用するusbhostfs.exeがありますが、USBLink r2 For PSP(by Smacked)なるツールがあったんで使ってみました。usbhostfs.exeとの違いはISOフォルダを選択出来る事です。usbhostfs.exeusbhostfs.exeと同じフォルダ内にあるISOフォルダのみでしたが、USBLink r2 For PSP(by Smacked)指定できます。おまけにタスクバーに常駐するので、邪魔になりません。ただ、インストールが完璧じゃなかったみたいで、DEVHOOKISOフォルダにアクセス出来ませんでした。readme.txtに書かれてる事以上に何かしなきゃいけないみたいで、それを検証中です。無事動作確認できたら記事にします。

その他、色々試したい事だらけです。実行したのから順次記事にしていきます。もし、何度検証しても不具合の出るツールがあった場合も、一応記事にはします。折角検証したんだし、そのままお蔵入りさせんのは努力の無駄になっちゃうし、その記事見た誰かがミスやインストール手順の抜けに気付いて成功するかも知れないんで。

なにやら来週辺り次期ファームウェアがアップデートされるとか、されないとか。次からPSのエミュ機能が搭載されるなんて情報も。全く持って信憑性がありませんが。自分で記事にしときながらこう言うのも変ですが、情報源が不明です。正確には忘れてまった…。どこのサイト見たんだろう…。記憶力の大幅な低下に老後に危機感を募らせるonomushiでした。

| | コメント (4)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »