« 271SE-B"をFW2.71/2.80ハイブリッド化しちゃった!! | トップページ | Booster氏復帰か!! »

2006年11月24日 (金)

PSP Filerの使い方

29p_

PSP FilerはPSP内蔵のNAND FlashにアクセスしてFlash0やFlash1ファイルを閲覧、書き換え、バックアップしたり、UMDディスクにアクセスしてUMDディスクのファイルを閲覧したり、UMDのデータを吸い出したりする事が可能です。

特徴:
○フォルダをツリー表示できる。
○フォルダを畳んだり開いたりできる。
○メモステを差し替えることができる。
○メモステ以外のデバイスも見ることができる。
○テキスト・バイナリ・画像ビュワーつき。
○でかいテキストでも高速でオープン。
○タブストップを4と8で切り替えられる。
○PSP内のFlash書き換え
○mp3再生機能 [v1.3より]
○PSP内のFlash0, Flash1をバックアップ(img形式)及び復帰 [v2.7より]
○UMDディスクの認識 [v1.6より]
○UMDの吸出し(バックアップ) [v2.1より]
○USB接続 [v2.9pより]

<更新内容>changes.txtより
2007/01/29
ver2.9/ver2.9+リリース
 ○全般
  ・スペイン語モードを追加した。
  ・USB接続モードを追加した。
   現時点では、filerはUSBによるMS Duoへの書き込みを正しく認識すること
   ができません。接続後はメッセージに従い、MS Duoを一旦抜いてくださ
   い。
 ○filer
  ・ボリュームラベルの情報を見た後にfilerの表示が乱れるバグを修正した。


*readme.txtは良く目を通しましょう。
*PSP FilerによってPSP内蔵のNAND Flashを書き換える行為は最悪PSPを破壊します。
*万が一に備えてのFlash0/1のバックアップなどの利点もありますが、メーカーが奨励する行為ではないので、どんな不具合がでるかわかりかねます。
*PSP Filerで使える機能を紹介しますが、決してPSP Filerの使用を奨励するものではありません。PSP Filerの実行によって起きたいかなる損害も管理人やメーカーはその責任を負いません。

*SCE公式アプリでは無いのでどんな不具合が起こるかわかりません。
全て自己責任で実行して下さい。どんな不具合が起きても、PSP故障してもこちらは一切保証しません

<対応ファームウェア>
正規Fw
  Fw1.00
  Fw1.50
カスタムFw
 Fw2.71SE-C
 Fw2.71/2.81Hybrid SE-C
 3.02 OE-A
 3.02 OE-B
 3.03 OE-A
 3.03 OE-A2
 3.03 OE-B

システムソフトウェア(Fw)のバージョンの確認方法は公式サイトこちら


<バックアップ>
 まずはメモリースティック(以下MS)PCバックアップします。データ破損の可能性が充分にあります。マメにバックアップを心がけましょう。


<リカバリーモードの設定を確認>
カスタムFwのみリカバリーモードの設定によってPSP Filerのインストール先が変わってきます。
1)電源が完全に切れた状態でRボタンを押しながら電源を入れる
2)Recovery modeのConfigurationで

Game folder homebrew (currently : x.xx kernel)
設定を確認します。

*標準では3.03(2.71/3.02) kernelになってます。
(currently : x.xx kernel)の数字が
3.03 kernelの場合
 ms0:/PSP/GAME150/へコピー
1.50 kernelの場合
 ms0:/PSP/GAME/へコピー


<インストール>
1)ファイルをダウンロードします。
 ダウンロードは公式サイトから…こちら
2)ダウンロードしたファイルを解凍して、出来たフォルダを開く
3)PSP FilerのファイルをPSPへコピー
Fw1.50のPSPなら1.5フォルダ(所有するPSPがFW1.00なら1.0フォルダ)を開き
  filer
  filer%
この二つ(1.0フォルダは一つ)のフォルダをPSPのMSの
Fw1.00/1.50または、カスタムFwで1.50 kernelの場合
  ms0:/PSP/GAME/フォルダ内へコピー
その他カスタムFwで3.03 kernelの場合
 ms0:/PSP/GAME150/フォルダ内へコピー


<PSP FilerでFlashのバックアップ方法>
1)PSP Filerの起動
PSPのXMBのゲーム→メモリースティックから
28_up

PSP Filer を選択



2)アプリケーションメニューの表示
△ボタンを押す。
29p_ms0_appmenu 

アプリケーションメニューが出ます






3)フラッシュメモリのメンテのメニューを表示
Lボタンを押してフラッシュメンテのメニューを表示
28_ms0_appmenu_flashmentemenu_up

アプリメニュー上に
フラッシュメンテメニューが出ます



4)FLASH0かFLASH1のどちらかバックアップしたい方を選択
Flash0をバックアップするなら○ボタン
Flash1をバックアップするなら△ボタン
フラッシュメンテを終了するなら×ボタン

5)バックアップ開始
28_ms0_appmenu_flashmentemenu_flash0_bac

Flash1を選択した場合
バックアップ開始


reading:2368k(現在のバックアップ済みの量) / 4096k(全体のファイル量)
Flash1は4096KBしか無いのでバックアップの時間も早いです。

6)終了
×ボタンを押してメニューを閉じます。
28_ms0_appmenu_flashmentemenu_flash0_bac_1





7)フラッシュメンテ終了
フラッシュメンテのメニューが表示されてます。
28_ms0_appmenu_flashmentemenu_up_1





×ボタンでフラッシュメンテメニューを閉じる
引き続き、もう片方をバックアップする事も出来ます。
8)Filerに戻る
アプリケーションメニューが表示されてます。
29p_ms0_appmenuup 






9)Flash0(Flash1).imgをPCへコピー
PSPをPCにUSBケーブルでつないで、
↑ボタンを押す。
19)USB接続
29p_usbup







PCにPSP(リムーバブルディスク)のウィンドウが立ち上がります。
Ms0_28_flash0_1

flash0をバックアップしたらflash0.imgが
flash1をバックアップしたらflash1.imgが
ms0:/に作成されてます。
PC内にコピー。





<PSP FilerでFlashの復帰方法>

上記の方法でバックアップしたflash0(flash1).imgをNAND Flashに書き込みます。
1)flash0(flash1).imgファイルを用意
PCにバックアップしてあったflash0(flash1).imgファイルを
PSPのMSDuoのルート、ms0:/にコピー。
2)PSP Filerの起動
PSPのXMBのゲーム→メモリースティックから
PSP Filerを選択
3)HACKER MODEに切り替え
トップ画面でLボタン + Rボタン + ←ボタンを押してHACKER MODEに切り替えます。
19_ms0hybrid_hacker_mode_up_2
HACKER MODEの表記がでます。
*HACKER MODEにしないと、Flashに書き込みが行えません。
4)アプリケーションメニューの呼び出し
△ボタンを押す。
29p_ms0_appmenuup_3
5)フラッシュメンテのメニュー呼び出し
Lボタンを押す。
29p_ms0_hackermode_appmenu_flashmentemen

復帰の項目が増えてます。



6)flash0.imgの復帰
STARTボタンを押す。
29p_ms0_hackermode_appmenu_flashmentemen_1


確認画面



○ボタンを押して書き込みを行う
29p_ms0_hackermode_appmenu_flashmentemen_2

writing...
書き込み中…



29p_ms0_hackermode_appmenu_flashmentemen_3

書き込み終了
×ボタンでPSP Filerを終了



これでバックアップしたflash0(flash1).imgのPSP内蔵Flashへの書き戻しは終了


<UMDディスクのバックアップ>
 UMDディスクのデータをISO形式でMSDuoに吸出し(リッピング)て保存します。
 これにより、カスタムFwやDHによって、MSDuoにバックアップしたISO形式のゲームを起動する事が可能となります。

*ROMデータのバックアップに関しての法令
ROMからデータを吸い出してバックアップする事は認められてます。が、注意も必要です。
詳しくは→こちら

*吸い出した後でUMDディスクは破棄、譲渡、売却せずに手元に残すように。
バックアップしたあとにマスター(UMDディスク)を手放した(破棄、譲渡、売却)場合、バックアップしたISOファイルは破棄しなければいけないようです。
詳しくは→こちら。そしてこちら、更にこちらこちら


1)アプリケーションメニューの表示
トップ画面で△ボタンを押す
2)UMD吸出しを選択
アプリケーションメニューが表示されたらRボタンを押す。
3)吸い出すISOファイルの名前入力
28_ms0_appmenu_umdreading_nameing


標準では
umd.isoになってます。




*SELECTボタンで文字の種類の変更が出来ます。
全角英小→半角英小→全角数字→半角数字→ひら→カナ→半角カナ→
*大文字←→小文字の切り替えは文字を入力する前に[A/a]を選択して行います。文字を入力してから切り替えても反映されません。
*名前が長すぎるとDHやカスタムFwから起動できなくなる場合があります。
4)吸出し開始
29p_ms0_appmenu_umdreading_readup
データを読みにいきます

29p_ms0_appmenu_umdreading_readingstartu


ファイル容量が出ます




29p_ms0_appmenu_umdreading_readingup


おおよその残り時間が出ます。
あくまでおおよそです。



4)吸出し完了
29p_ms0_appmenu_umdreading_read_finished


×ボタンを押す。




これでPSPのMSDuoの、ms0:/ISO/フォルダの中に吸い出したファイルが入ってます。
*事前にISOフォルダを作ってなくても自動的にisoフォルダが作られます。

*吸い出した後でUMDディスクは破棄、譲渡、売却せずに手元に残すように。
バックアップしたあとにマスター(UMDディスク)を手放した(破棄、譲渡、売却)場合、バックアップしたISOファイルは破棄しなければいけないようです。
詳しくは→こちら。そしてこちら、更にこちらこちら



*ここからは271SE-B"をHybrid化する手順で説明します。
Hybrid化の詳細はこの記事をどうぞ。ここではPSP Filerでの手順のみの紹介です。

トップメニュー
19_ms0hybrid

メモリースティックの中を表示してます。







1)HACKR MODEへ切り替え
L + ボタンを押したまま、
Rボタンを押すと切り替わります
HACKER MODEの表示が出ます。
閲覧だけならHACKER MODEにしなくても可能です。
2)移動したいファイルをマーク
移動させたいファイルにカーソルを合わせて□ボタン
19_ms0hybrid_hacker_mode_4prxmark_up

マークしたファイルの先頭が
*マークに変わります。
ここでは
mesg_led_280.prx
MSCM_280.prx
registry_280.prx
utility_280.prx
以上をマーク。

3)マークした全ファイルをRAMDISCにコピー
マークしたら×ボタンを押し、メニューを表示
19_ms0hybrid_hacker_mode_4prxmark_up_1

○ボタンを押す。







マークしたファイルがRAMDISCにコピーされます。
19_ms0hybrid_hacker_mode_4prxmark_up_2

この表示が出たら○ボタン






4)flash0へデバイス切り替え
STARTボタンを押してflash0を表示させます。
19_flash0hacker_modeup

[flash0:/]の表示になります。



5)knフォルダ表示
knフォルダにカーソルを合わせて○ボタンを押す。

6)RAMDISCにコピーした全ファイルを貼り付け
knフォルダが開いたらその場で×ボタン
メニューが表示されるので
19_up

△ボタンを押す。




これでマークした四つのファイルがknフォルダに移動します。

7)PSP Filerの終了
SELECTボタンを押しながらSTARTボタンで終了します。

以下はreadme.txtより。若干加筆してます。


<ファイラーの使用方法>
↑・↓:カーソルの移動
アナログ↑・↓:カーソルの高速移動
○:フォルダ上では折りたたみ、ファイル上では拡張子で自動判別
 .jpg .jpeg .bmp .png : 画像ビュワー
 .wav .mp3 : 音声再生
 その他 : テキストビュワー
△:アプリケーションメニュー
29p_ms0_appmenuup_1
 ○:楽器チューナー
 □:メモリビュワー
   メインメモリ、VRAM、スクラッチパッドのメモリ内容を確認できます。
   ※メモリビュワーは、リアルタイムに変化するメモリの内容を確認するた
   めに、常に最新の状態を保っています。そのため、CPU消費が大きくな
   る傾向にありますので、バッテリー駆動時にはメモリビュワー状態のまま
   放置しないことをお勧めします。
 R:UMD読み出し
   UMDのデータをISO形式に吸出します。
 L:フラッシュメモリのメンテ
   Flash0/Flash1を丸ごとms0:/にバックアップします。
 ↑:PCとのUSB接続
   XMBに戻る事なくPCとUSB接続します。
 ×:ファイラーに戻る
START:デバイス切り替え(ms0:/→disc0:/→flash0:/→flash1:/→RAMDISC:/)
19_flash0hacker_modeup_1
矢印部分がデバイスの場所を表示





ms0:/…MSDuo内
disc0:/…UMDディスク内
flash0:/…PSP本体内
flash1:/…PSP本体内
RAMDISC:/PSP本体内

SELECT:へルプ
19_flash0hacker_modeselect


 ○ボタンで英語モードと日本語モードの切り替え
 □ボタンで設定を保存

←:カーソル位置のフォルダ内の全ファイルのマークをはずす
→:カーソル位置のフォルダ内の全ファイルをマークする
アナログ←:カーソル位置のフォルダ内の全ファイルのマークを外す
        (サブフォルダも含む)
アナログ→:カーソル位置のフォルダ内の全ファイルをマークする
        (サブフォルダも含む)
□:カーソル位置のファイルをマークする
×:ファイル操作 メニュー画面がでます。
-------------------------------------------------------------
ファイル操作メニューでのキー割り当て
何もコピーしてなくて、ファイルをマークした状態でメニューを開いた場合
29p_ms0_up
状況によって、各ボタンが選択可能だったり不可だったりします。
 :貼り付け
   RAMDISKにある全てのファイルをカーソル位置のフォルダにコピー
 :コピー
   マークしたファイル上:マークしたファイル全てをRAMDISKにコピー
   マークしていないファイル上:このファイルをRAMDISKにコピー
   フォルダ上:機能しない
 :削除
   マークしたファイル上:マークしたファイル全てを削除
   マークしていないファイル上:このファイルを削除
   フォルダ上:このフォルダと内包する全てのファイルとフォルダを削除
 :ファイル名変更
   カーソル位置のファイルまたはフォルダの名前を変更する
 :新規フォルダ作成
   カーソル位置のフォルダ内に新しいフォルダを作成する
 :ファイル情報の表示・属性の変更
   カーソル位置のファイル又はフォルダの情報を表示し、属性(読取専用、
   システム、隠しファイル)を編集する。
   HACKER MODE時はフラッシュデバイスに対しても編集可能。
   ルートディレクトリ上で操作するとデバイス情報を表示し、同時にクラスタ
   構造をチェックする。
 :マークされたすべてのファイルをカーソル位置のフォルダに移動
   書き込み先に同じ名前のファイルがあるときは移動されない。
   実際には「コピーして削除」を行っているだけなので、デバイスの残容量
   が不足している場合には移動できない。
 :マークされたすべてのファイルをカーソル位置のフォルダにコピー
   RAMDISKを介さずコピーを行う。
   メリット:残メモリ量(最大でおよそ20Mバイト)より大きいファイル
   もコピーできる。
   デメリット:異なるデバイス間のコピーはできない。
 :移動
   RAMDISKにある全てのファイルをカーソル位置のフォルダに移動
 ×:キャンセル
-------------------------------------------------------------
R:カーソル位置のフォルダ内のファイルを整列して表示する。(表示のみ、
 書き込みは行わない)
 整列順序は、Rキーを押すごとに
  名前順(N)→拡張子順(E)→サイズ昇順(S)→日付昇順(D)→
  サイズ降順(s)→日付降順(d)
 と変更される。このとき()内の文字が<DIR>の前に表示される。
 再読み込みを行うとすべてのフォルダの整列は解除される。
L+←+R:HACKER MODEのON/OFF
 HACKER MODE時はフラッシュデバイスに対してもファイルの操作が可能にな
 る。
 警告:フラッシュデバイスの操作による、PSP本体のいかなる不具合に関
 しても当方では責任を負いません。自己責任において使用してください。
19_ms0hybrid_hacker_mode_up_1





<テキストビュワー>
↑↓:カーソルの移動
アナログ↑↓:高速移動
←→:左右にスクロール(折り返しモード時は無効)
アナログ←→:左右に高速スクロール(折り返しモード時は無効)
L,R:ページ移動
:タブストップの切り替え
 ※折り返しモード時は再読み込みを行います。
:バイナリビュワーに切り替え
:長い行を折り返すかどうかの切り替え
 ※切り替えた時は再読み込みを行います。
×:ファイラーへ戻る

<バイナリビュワー>
上下:カーソルの移動
アナログ上下:高速移動
L1,R1:ページ移動
:テキスト/画像ビュワーに切り替え
×:ファイラーへ戻る

<画像ビュワー>
アナログ上下左右:画像スクロール
R1:画像縮小
L1:画像拡大
○:画面サイズに合わせて表示
△:画像情報表示/非表示
□:バイナリビュワーに切り替え
START+△:表示中の画像を壁紙として保存
→:次の画像を表示
←:前の画像を表示
×:ファイラーへ戻る


<記事の更新履歴>
2007.01.30 Flash0/1の復帰方法とv2.9pに対応、その他修正
2007.01.26 Flash0/1のバックアップ方法追加、その他修正
2007.01.25 22:25 対応Fwとインストール方法を詳細化
2006.12.13 11:03 v1.9+追加と画像追加、その他諸々加筆
2006.11.30  04:38  flash0:/の画像追加

|

« 271SE-B"をFW2.71/2.80ハイブリッド化しちゃった!! | トップページ | Booster氏復帰か!! »

コメント

久しぶりにアクセス解析見ていたら、検索フレーズ項目に

「しじみの居場所とpsp

で、yahooでググると、内のブログがTOPに出てきてしまうんですね。
なんか申し訳ないです。ごめんなさいm(_ _)m
それにしてもこのフレーズ、伝えたい事は分かるけど・・・惜しいな~w

投稿: BDROM | 2006年11月25日 (土) 01時53分

>BDROMさん
なんか、すごいね、検索サイトの検索エンジン。無理矢理こじつけてるというか、よくぞ記事内を検索して組み合わせたと感心すべきか。笑わせてもらいましたよ!!
Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

投稿: onomushi | 2006年11月25日 (土) 16時38分

PSPのblogをやっている鮎の塩焼きですけど、しじみの居所とPSPの行く末さんをリンクにしてもよろしいでしょうか?

投稿: 鮎の塩焼き | 2006年11月27日 (月) 22時52分

>鮎の塩焼きさん
(≧ω≦)b OK!!ですよ!!鮎の塩焼きさんのURLも教えて下さい。こっちもリンク貼っちゃいます!!

投稿: onomushi | 2006年11月27日 (月) 23時54分

はじめまして。
起動画面を変更しようとしてなってしまったことです。
バックアップ取るのを忘れてFilerを使い、
Flash0/vsh/resource/gameboot.pmf
のgameboot.pmfを消してからカーソルを動かしてしまい、元に戻せなくなってしまいました・・・。
これはもう戻すことは不可能なのでしょうか?

投稿: kuroneko | 2007年1月30日 (火) 01時12分

どこかから純正のgameboot.pmfを取って、上書きするか、一度バージョン上げてもう一度元に戻せば直るかと。

投稿: TRUENO | 2007年1月31日 (水) 00時25分

>>TRUENOさん

ありがとうございます!できました!

投稿: kuroneko | 2007年2月 2日 (金) 05時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« 271SE-B"をFW2.71/2.80ハイブリッド化しちゃった!! | トップページ | Booster氏復帰か!! »