« DEVHOOK公開停止に関する緊急のお知らせ | トップページ | PSPtoJOYPADでも試そうかと… »

2006年8月 3日 (木)

DEVHOOK 0.46上書きインストール

この記事は古く、このアプリも古いので
DEVHOOKか、
DEVHOOK launcher/VSHEX Modが多機能です。
最新情報はトップページで確認して下さい。



え~DevhookがPSP Softwareでの公開が停止されてしまいましたが、0.46にバージョンアップしていました。すでにインストールはしてましたが他の派生ツールによる影響か、不具合が発生していて、その原因を探るのに時間をとられ、0.46の解説記事を投稿する事を忘れてました。すでに他のサイトで紹介されてるので今更感が大いに漂ってますが、インストール方法を一応解説です。折角なんで、今までみたいな解説じゃなく、上書きインストールに重点を置いて解説してみようかと。色んなアプリがリリースされ、シリーズ物も数多く存在します。シリーズ物に関してはほとんどが上書きインストールになるので、Devhookに限らず、その他のアプリでも活かせる様な上書きインストールの方法と言うか、コツを紹介です。ただ、あくまでこちらが考えるコツであり、完璧な方法ではないと思います。参考程度にしてもらって、自分なりの方法を編み出しちゃって下さい。

更新内容
V0.45.0000 -> V0.46.0000 変更点
-----------------------------
・FlashエミュからメモステとPSP内蔵flashROMを併用する機能を実装
・メモステファイル破壊不具合の対策
・FW2.xxからノーマルFWへ戻れなかった不具合を修正
・"flash0:"の書き込みモードでのマウントを禁止

・ランチャのメニュー構成を大きく変更
Devhook046_topmenu




・英語ランチャを元の英数フォントに戻した。
・ランチャに内蔵FlashROMの管理機能を追加(MSへのFWインスト機能は無し)
Devhook045_flash




・ランチャに自動起動時間設定機能を追加 > "MS_ROOT/dh/autorun.ini"を参照

・FW2.xxのdevhookからdevhookを終了するアプリ同梱
Escape_devhook_from_2xx



・cisoのコマ落ち対策版"umdciso_P47_SS_2000.prx"を同梱
 PRIORITY=47 , SHORT SLEEP,ciso buf=0x2000という設定です。
 "umdciso.prx"と差し替えて使います。

<サイトの更新チェック>
まずはPSP用のアプリ、ツール等を公開しているサイトを閲覧し、新しいバージョンがリリースされてないかチェックします。更新されてれば普通はサイトのトップページに記載されてるはずです。
・Devhookの場合は
PSP-hacks
・その他ツールはPSP Software以外に
PSP-hacks
PS2NFO.COM
PSP UPDATE
など

<更新ファイルのダウンロード>
目当てのツールが更新されてたらダウンロードします。

<ファイルの解凍>
ダウンロードしたファイルはほとんど圧縮されたアーカイブファイルです。これを解凍して使えるようにします。解凍ツールはたくさんリリースされてますが、様々な圧縮ファイルに対応した解凍ツールをインストールする必要があります。管理人はLhazを使ってます。
その他…窓の杜

<readme.txtを読む>
普通一般的にreadmeと言うテキストファイルが同梱されてます。そのファイルにインストール方法や更新履歴が記載されてたりします。また、注意事項等も記載されてる場合があるので必ず目を通しましょう。どこかのサイトの解説のみを頼るだけでなく、自分で調べる事がインストールのコツを掴む早道かも。調べた上で解説サイトを参考にすると勉強になります。英語であったとしても翻訳サイトreadme.txtを翻訳してでも目を通しましょう。完璧な翻訳は期待出来ませんが大体の事は理解出来る部分もあります。何度も利用する内に翻訳しなくても検討付く様になってきます。Devhookの場合はdevhook.txtです。

<ファイルの中身を確認>
通常バージョンアップした場合のインストールは以前インストールしたツールを削除せず、その上に上書きインストールする場合がほとんどです。ただ、場合によっては不必要なファイルも同梱されてたりします。Devhookで言えばfirmware Installer,Devhook英語版日本語版。ファームウェアのインストールが済んでる人で、Devhookが新たに新しいFWに対応してない場合はFirmware Installerは必要ありません。また、Devhook起動ファイルも英語版日本語版が同梱されてますが、機能は一緒なんでどちらか一方あればいいわけです。メモリースティック(以下MS)のルートにPSPフォルダとdhフォルダをそっくり上書きコピーしてしまうと、これら不必要ファイルも一緒にインストールされてしまいます。また、ツールによってはFW1.00用、FW1.50用に分けられてる場合もあります。またフォルダ名が変更になる事で上書きコピーされず、旧バージョンが残ってしまう場合もあります。その場合は旧バージョンを手動で削除する事になります。
Shell Protoの場合、r10からr11に更新した時、起動ファイルのフォルダ名が変更になってます。
Devhook_shell_r10_r11_psp_game_1
インストールする時点で解っていればインストール時に旧ファイルを削除できますが、readmeを読まず、ファイルの中身を確認していなければ、PSPをPCから取り外し、Shell Proto版を起動させようとした時点で気付く事になり、またPSPをPCにつなぎ直してフォルダを開いて削除するという手間がかかってしまいます。

<上書きインストール>
PSP用アプリの場合、解凍して出来たフォルダを開くとまず、
MS_ROOTフォルダかPSPフォルダが入ってる場合が多いです。このフォルダを開いた中身をMSのルート(手順2.~5.)にインストールしろって事です。PSPフォルダはPSPフォルダに、dhフォルダはdhフォルダに上書きコピーするって事です。
Devhook_shell_r10_r11__1


Devhook 0.46の場合
Devhook046_root
MS_ROOTフォルダを開くと…





Ms_root_5
PSP
dh
の二つのフォルダが入ってます。
この二つのフォルダを…


Ms0
MS(リムーバブルディスク)のルートに上書きコピーすればいいです。





コピーしたあとでMSのフォルダのPSP/GAME/の中の余分な起動ファイルのフォルダを削除するか、dhフォルダをMSのルートに、PSP/GAME/フォルダ内の必要な起動ファイルのフォルダをms0:/PSP/GAME/に上書きコピーします。

<新機能のFlashメンテナンスについて>
flash1書き換えの危険性
---------------------------------------
 flash1にはレジストリファイルや他の設定ファイル等が入っていて、通常動作時にも
頻繁に書き換わります。
 flash1はflash0と別パーテーションに区分されているので、flash1のアクセス中に電
源を切ってもflash0が壊れることはありません。
 しかし、flash1にあるレジストリファイルが無いか壊れていて、新たに作成できない
状態になると、FW1.50では初期化と再起動を繰り返して起動しなくなります。この状態
に陥る状況としては、
1.書き込み中の電源断等で、ファイルシステムが壊れてしまった。
2.レジストリファイル削除時に他のファイルを書き込んで空きエリアが不足した。
3.ファイルシステムが故意に破壊された。
 の3つが主に考えられます。
 FW1.50ではレジストリー初期化において、flash1の他のファイルを削除したりフォ
ーマットは行わないようで、2の方法でも起動不能になることを確認済です。
 flash1を扱う場合には、レジストリファイルの存在や空きエリアの確保に十分気を
つけなければいけません。
 flash1にあるレジストリファイルはかなり頻繁に書き換わるので、PSPの操作中に
電源スイッチを使わず電池やACコードを抜いて電源を瞬断させる行為は危険です。
 尚、FlashROMデバイスをライトプロテクト状態にするとPSPは起動しません。
 FW1.50初期化時の'flash1:'の空きエリアは3808KBytesです。

1:DevHookをMSにインストール、必要FWをインストール
2:上記でインストしたFWがDevHookから正常に起動出来るかをまず確認
3: 2で起動が確認出来たら一度1.5に戻る
4:USBモードにして,"ms0:dh/(インストしたFW)/flash1/registry"のフォルダをPCにバックアップ
5:ACアダプタをPSPに挿してDevHook起動
6:DevHookのメニューからインストしたFWを選択後、Flash Romのメニューに入る
7:!!注意、flash1のバックアップはしないで下さい !!!!!!!!
8:まずflash1からインスト("flash1:<ms0:install configfile"を選択)、画面が変わり文字が出てきたら○を1秒間押してインスト開始
 "何かボタンを押して終了"の文字が出たら何かボタンをおして戻る
9:次はflash0にfontをインスト("flash0:install font"を選択)、画面が変わり文字が出てきたら○を5秒間押してインスト開始
 "何かボタンを押して終了"の文字が出たら何かボタンをおして戻る
10:最後にflash0にkd/resorceをインスト("flash0:install kd/resorce"を選択)、画面が変わり文字が出てきたら○を5秒間押してインスト開始
 "何かボタンを押して終了"の文字が出たら何かボタンをおして戻る
11:Flash Romへの全ファイルインスト完了
12:あとは普段どおりDevHook起動
13:しっかり起動し、ブラウザやゲームなどで不具合がなければ問題なし

万が一、XMB⇔再起動のループに陥ったらバックアップしたファイルを元に戻して再トライ
------------------------------------
と、PSP_FlashROM.txtに記載されてます。
Flashメンテナンス機能は非常に危険を伴います。最悪PSPが壊れます。へたれonomushiはこの機能は実行してませんが、実際に実行した猛者達の成功結果報告にはWebのブラウジングが快適になったとの事。実行される方は危険を承知の上で自己責任で実行して下さい。

|

« DEVHOOK公開停止に関する緊急のお知らせ | トップページ | PSPtoJOYPADでも試そうかと… »

コメント

またまた丁寧な更新お疲れ様です。
公開停止は残念なニュースですが、まだまだdevhookとのお付き合いは続くと思うので、解説もがんばってください!

投稿: ぱんだPSP | 2006年8月 3日 (木) 03時11分

>ぱんだPSPさん
早くDevhookが復活するといいですね。Devhook以外のネタにも挑戦しますわ。

投稿: onomushi | 2006年8月 3日 (木) 12時43分

僕のPSPもISO起動が出来なくなりました
PSPのロゴが出た後起動せずにブラックアウトし電源が落ちます。
そちらはなおりましたか?
こちらは一向に直りません
直りましたら直した方法を教えてください

投稿: ankou33 | 2006年8月 4日 (金) 18時56分

>ankou33さん
http://shijimi-blast.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/devhookxmb_4982.html
この「DevhookをXMBから操る!!」の記事の終盤にも記載しましたが、こちらの不具合はTetora PackのDevhook 0.46対応版をインストールすると発生するっぽいです。もしTetotraの0.46対応版をインストールしてるなら、USB版かShell Proto版を上書きインストール、もしくはメモリースティックの初期化をオススメします。やっぱ基本は初期化ですか。初期化→Devhook→Devhook USB版とインストールすれば良いかもです。

投稿: onomushi | 2006年8月 5日 (土) 00時27分

Devhook 0.46でPlayStation Spotのダウンロードゲームを試してみましたが途中で起動失敗してしまいました。
やっぱりDevhookではUMDは起動できても配信の体験版はダメなんでしょうか?
ほかの方のPlayStationSpotでの動作確認がないのですが、どなたかほかに試された方います?

投稿: LON | 2006年8月 6日 (日) 22時24分

>LONさん
Web配信の体験版ですが、PlayStationSpotからの入手かどうかは不明ですが、LocoRocoカズオの体験版が起動したという情報はあります。タマランに関してはFW2.80を必要とする為、Devhookはまだ対応してません。FW2.71対応のPSPに直接ダウンロードするLocoRocoとカズオの体験版1.01を持っているので、早速自分自身で検証してみましたよ。
・LocoRoco→○(ゲームを終了させてXMBに戻ろうとするとフリーズののち電源落ちる)
・カズオ→◎(なんの問題もなし)
・Devhook0.46の設定
FWバージョン:2.71
CPUクロック:222MHz
ブートモード:XMBを再起動
UMDバージョン:2.xx→2.00
リモコン端子→リモコン使用
ロードアドレス:0x8900000
LocoRocoがメニューに戻れませんがゲーム自体は遊べました。

投稿: onomushi | 2006年8月 6日 (日) 23時24分

お返事ありがとうございます。
いろいろ設定を変えたりしてお店のPlayStationSpotで試してみましたがやはり動きませんでした。
人目もあるのであまり長くいられないことも実験において少し不利でした。

PCダウンロードの体験版に関しては同じ設定で起動してみましたら難なく起動できました。
LocoRocoの体験版はアメリカ版を使いました。同じく起動はしましたが、メニューには戻れませんでした。
カズオに関しては何の問題もありませんでした。

おそらくPlayStationSpotはその場限りのデータということもあるのでDevhookでの起動がすこしややこしいのかもしれません。単にバージョンがあってなかっただけかもしれませんが、以前バージョンが違えばバージョンアップするように出たんでその可能性は低いかと。

UMDに関してはまだ試してないのでわかりませんが、たぶん同じ設定でUMDディスクを入れたら起動できるのではないかと思います。

ほかにお店でPlayStationSpot試された方いらっしゃいましたら、ぜひ設定とか教えていただけないでしょうか?
また動作確認できましたらいずれ報告いたします。

投稿: LON | 2006年8月 8日 (火) 20時01分

>LONさん
PlayStationSpotでの体験版はPC版のとは違うみたいなんですね。電源切ったら使用不可のプログラムが原因なのかな?近くにPlayStationSpotが無いんで検証できませんが、PlayStationSpotの設置場所に行く機会があれば試してみます。

投稿: onomushi | 2006年8月 8日 (火) 20時34分

極魔界村が起動できません。この記事を読んでreadもよんでがんばったんですが無理でした。どうすれば起動できるのですか?ちなみにcsoファイルです

投稿: こん | 2006年8月11日 (金) 18時37分

>こんさん
Devhookの設定はどうしてますか?
FW2.60
UMDバージョン→変更無し
ANY UMD
の設定で起動するという情報があります。
その他のメニュ-のロードアドレスを変更する事で起動するかも知れません。これから出かけるので、次の返信は月曜になります。

投稿: onomushi | 2006年8月11日 (金) 18時49分

がんばってやってみます。ありがとうございました
動いたらまたかきこみます

投稿: こん | 2006年8月11日 (金) 19時06分

!!もしかして2.6のrebootファイルがいるんでしょうか?
2.5じゃだめですか?そこのところよろしくおねがいします

投稿: こん | 2006年8月12日 (土) 21時03分

なんとか2.6のrebootファイルを手に入れました。それで起動してみたところ再起動されてFWが2.6になるだけでゲームが起動しませんでした。ちなみに設定は
 FW2.6
CPU 222
XMB
Flash これはよくわからなかったのでやってません
UMD 変更なし 
アドレスは89000000
です。よろしくお願いします

投稿: こん | 2006年8月13日 (日) 09時57分

>こんさん
超魔界村はUMDディスクから起動しようとしてますか?それともメモリースティックにバックアップしてメモリースティックから起動(MS起動)しようとしてますか?もし、MS起動なら何かゲームのUMDディスクはPSPにセットしてますか?超魔界村でなくても構わないので何かゲームのUMDディスクをPSPにセットしてないといけません。

投稿: onomushi | 2006年8月14日 (月) 16時41分

>こんさん
バックアップ起動は自分の所有するUMDディスクをMSにバックアップして起動する事です。バックアップしたらディスクは不要になりますが、だからと売ってしまってはいけません。知らなかったとしても法に触れます。どのように超魔界村のisoファイルを入手したか知りませんがオリジナルを手放すのは良くありません。著作権で検索して著作権について勉強してみて下さい。

投稿: onomushi | 2006年8月15日 (火) 01時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« DEVHOOK公開停止に関する緊急のお知らせ | トップページ | PSPtoJOYPADでも試そうかと… »