« DEVHOOK 0.44 reboot 2.71 !! | トップページ | DEVHOOK 0.44派生ツール »

2006年7月14日 (金)

DEVHOOK 0.44 起動!!

2006.12.20 13:32 記事分割
2006.08.29  02:58  FW2.71に関する記事を修正

この記事は古く、このアプリも古いので
DEVHOOKか、
DEVHOOK launcher/VSHEX Modが多機能です。
最新情報はトップページで確認して下さい。



すでにインストールも完了してるんで、あとはblogを作成するだけ。例のごとく管理人は金曜の夕方から月曜の夕方まで自宅を離れます。夜通しDEVHOOK 0.44とその関連作業に追われて眠いっス!でも出かける前にblog作成しなきゃ。

てな事で前回の続きでDEVHOOK 0.44のインストールとファームウェア(以下FW)2.71のインストールです。
実はDEVHOOK0.43.0101から0.44に上書きインストールする前にFW2.71をインストールしようとしてました。結果、FWのインストールはできません。FW2.71をインストールする前にDEVHOOK 0.44をインストールしましょう!!

DEVHOOKが起動するのはFW1.50PSPのみです。FW2.00以上であれば起動しません。
PSP本体のFWの確認方法は公式サイトの
「PSPのシステムソフトウェアのバージョンの確認方法は?」
のページを参考にして下さい。

<準備物>
devhook_0.44.000 reboot 2.71(現在アップローダー閉鎖中)
アップデート データ FW2.71
FW2.71のreboot.bin(前回の記事で作成したもの。このファイルは基本的に自分でPSPを使って作成するものです。まだ作成してない人は前回の記事を参考に作成して下さい)
アップデートデータ FW1.50

*準備物の中のFW1.50は本来必要ありません。元々PSP本体がFW1.50な訳ですから。0.44の新機能として…
「リブート時にdevhookを終了させたい場合、予め"ms0:/dh/kd/reboot.bin"に1.50reboot.binをコピーしておきます。
 UMD起動やゲーム終了等でリブートする時、画面が消えるまでの間 TRG-L,TRG-R,UPの3つを押し続けるとdevhookを外して普通FW1.50が起動します。」
と、あります。ただ、1.50reboot.binツールには含まれてません。1.50reboot.binFW1.50をインストールする事で作成できるので、もしこの機能を有効にするなら、FW1.50もインストールします。



<DEVHOOKのインストール>
1.基本的に上書きインストールです。DEVHOOK 0.42 !!起動!!の手順8.までを参考にして下さい。ただし…
Devhook044_psp_game
この画像の通り、ゲームのフォルダ名が変更されてるので、旧バージョンのは消去して下さい。三つとも破損ファイル非表示になりました。




2.FW2.71のreboot.binのインストール
前回の記事<FW2.60/2.71のreboot.binの作成><FW2.71のreboot.binの完成>を参考にFW2.71reboot.binを作成し、そのreboot.bin
ms0:/dh/271/の中にコピーします。

<FW2.71のインストール>
1.FW2.71のインストールはファームウェア新規インストールの記事を参考にしてもらえば良いですが、今回、devhook 0.44のファイルの中のFWインストーラー破損ファイル非表示仕様になってます。中身は一緒ですけど。破損ファイルの表示がウザイって人は新しいFWインストーラーを使ってみて下さい。

2.firmware.txtにこんな記述があります。
ms0:/dh/271/flash1/registry/init.dat"があれば削除します。
こちらでインストール作業した際はinit.datはありませんでした。

以下の記述は理解出来なかったので、
--------------------------------------------
下記の2つのファイルを"dh/271/flash1/registry"にコピーします。

"ms0:/dh/???/flash1/registry/system.dreg"
"ms0:/dh/???/flash1/registry/system.ireg"
--------------------------------------------

???271以外FWと判断し、
"ms0:/dh/260/flash1/registry/system.dreg"
"ms0:/dh/260/flash1/registry/system.ireg"

"ms0:/dh/271/flash1/registry/system.dreg"
"ms0:/dh/271/flash1/registry/system.ireg"
へコピーしました。



<FW1.50のreboot.binの作成(FW1.50のインストール)>
リブート時にDEVHOOKを終了させる機能を有効にしたい場合のみ実行します。

1.FW1.50のインストールはファームウェア新規インストールの記事を参考にして下さい。

2.FW1.50のインストールが済んだらPSPPCと接続し、
ms0:/dh/150/フォルダの中の
reboot.bin
ms0:/dh/kd/フォルダにコピーします。


<DEVHOOKの起動>
1.FW2.00以上でゲームを起動する場合、なんでもいいのでゲームのUMDディスクをセットします。

2.PSPを起動します。
Devhook044_jpn_launcher
XMBからゲーム→メモリースティックと進み、
DEVHOOK0.44 JPN launcherを選択。
今回から破損ファイルは非表示です。

3.TOPメニュー
Devhook044_top
メニュー項目の背景色は変更されてます。
使い方は今までと一緒です。




screenshot moduleUSBHOSTFSは前バージョンがすでにインストール済みならDEVHOOK 0.43 USB!!<ScreenShot Moduleの設定>を行うだけでDEVHOOK0.43 mod launcherが起動して、USB OPTIONSCREENSHOT OPTIONが働き、キャプチャ機能が使えました。ただし、FIRMWAREの選択では271はありません。



ファームウェア新規インストールの記事もDEVHOOK 0.44に合わせて修正しときます。


もう限界…眠いっス。肝心なソフトの動作確認はみなさんにおまかせします。今日が休みで良かった…。

2006.08.14  18:12  フォントカラー・サイズ変更
2006.08.11  12:42  <Devhooの起動>の手順追加
2006.07.19  18:03  リブート時にDEVHOOKを終了させる機能についての記述を追加。
2006.07.14  11:23  もうダメとか言いながら追記。
2006.07.18  22:06  文章弱冠追加、修正

|

« DEVHOOK 0.44 reboot 2.71 !! | トップページ | DEVHOOK 0.44派生ツール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。